2020年3月某日ラストパウダーを求めて尾瀬岩鞍へ

snowboard

コロナウィルスを避けるための3密が提唱されていた2020年3月某日。

2019-20の冬シーズンのラストパウダーは尾瀬岩鞍で楽しむことに決めた。

勿論のこと、単独行動で行ってまいりました。

到着して早速ゴンドラ待ち

到着するとこの日はベース付近ではわずかな降雪。

ブーツが軽く埋まるくらいで5cm?

丸沼に行くか迷いましたが、混雑してても嫌だし、何より非圧接コースは岩鞍のほうがあるでしょうという事で、列に並びます。

10人目くらい。

この時点でAM7:50頃。

8:15のゴンドラ運航開始を待つ間に、これの倍くらいの方が来てました。

ちなみにベースからファミリーコースを見上げると、ちらほらブッシュも見える?

上部の雪は大丈夫か?と一抹の不安を感じます。

ゴンドラで上がるも30分以上のオープン待ち

ゴンドラ上がってすぐ左。

国体女子、国体男子コースへはロープが張られ、アバランチチェック中。

雪も舞い、ウェアにつくが気温も0度より少し高めか、溶けやすい。

まあ春シーズンのパウダーですから、さらっさらとはいきませんね。

50人くらいは待っていたかな?

風が強くなかったのがせめてもの救いですが、30分ほどしてオープン。

国体女子コースへ!

ゲートオープンすると、一斉に国体女子やら国体男子やら、歩いてぶなの木コースやらを目指す皆さん。

この日は西山側のリフトもすでに動いており、こちら方面をセレクト。

国体女子コース一目散!!!

と思っていたのですが、どこで間違えたのでしょう。

一本目滑ったのは「ななかまどコース」でした。

スキーヤーが先行して3-5名くらいいらっしゃって、一本目からスキーヤーのラインをまたいだパウダーをいただきます。

今シーズンは滑走日も少なく、足腰出来てないけど何とか重い雪でもこらえられる足腰は、普段の筋トレのおかげかな。

こんな雪景色見るのも今シーズン最後かな~と思って堪能。

2時間くらいでサクッと上がろうと・・・

そんなこんなで、コースは間違えましたが、西山の「ぶなの木コース」「とちのきコース」「みずならコース」を一通り、恥のほうまでお掃除完了。

2時間くらいでさあ帰ろう!と思ってリフトに乗ると、、、

ない!胸ポケに入れていたGoProが!!!ない!!!

つい3か月ほど前にクリスマスプレゼントで、妻からもらった大切なGoProが!!!

号泣。

約2時間半徒歩でゲレンデコース内をデラガケ

もう悪夢です。

もらったばかりのGoProをなくしてしまうとは、、、何と説明すればよいのでしょうか。

普段は仏の妻も、あきれ返ることは目に見えている、、、

私がとった行動は、この日GoProを落としたであろうコースを何度となく楽しんで滑る事ではなく、ただひたすらデラガケし、挙句の果てには板をもって歩いて探しながら下るという修行。

もとい苦行。。。

結局見つからず、パウダー滑っていい気分が、意気消沈しての下山となりました。。。

皆さんGoProは胸ポケっとに中途半端にジッパー空いた状態で締まっていちゃだめですよ!

という教訓と共に、今シーズンを終えることになるのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました